2016年箱根駅伝、当日の発表によって急遽走ることになりました駒沢大学の馬場翔太選手!

駅伝のHPで確認したときは馬場翔太選手のエントリーがなかったので今年で最後の学年なのに走らないのかなと思いきややっぱりでてきましたね!

前回の箱根駅伝の時、圧倒的な走りを見せた神野大地選手と同じ第5区で走っていたのが馬場翔太選手。

いかし、前回は山登りの険しいコースを走る中で低体温症に苦しめられてフラフラになってしまい悔しい思いをすることになってしまいました。

今回の馬場翔太選手は一体どんな走りを見せてくれるんでしょうか?

馬場翔太が急遽出場!

 

馬場翔太

馬場翔太選手のプロフィールはこちら

氏名:馬場 翔大(ばば・しょうた)
生年月日:1993年10月23日(22歳)
出身:岡山・岡山市
身長:168cm
体重:56kg
高校:倉敷高校
大学:駒沢大学経済学部経済学科

今回の大会で馬場翔太選手が走るのは第8区。駒沢大学は井上拳太朗選手で登録になっていましたが、当日になって変更。

やはり馬場翔太選手が4年生で最後の箱根駅伝だということと前回の箱根駅伝での悔しさから鍛錬を積み大きく成長したことが大きいのではないでしょうか。

馬場翔太が低体温症に

馬場翔太

前回の大会でなにが起こったのでしょう?

前回の箱根駅伝では圧倒的な走りを見せた青山学院大学での”山の神”神野大地選手と同じ第5区を走っていましたが、20km過ぎにフラフラになってしまい、地面に両手をついてしまった馬場翔太選手。

ゴール直前にも2、3回ほど地面に手をつき、モウロウとする中、なんとかゴールに辿り着く事が出来ました。

馬場翔太選手が発症したのは低体温症。

第5区は険しい山をひたすら登っていく箱根駅伝の中で最も過酷なコース。

馬場翔太選手は最初のほうこそ軽かやな走りを見せていましたが、大量の汗をかき、そしてその汗が風にあたって体が冷えきってしまい、体が動かなくなってしまったのです。

今回馬場翔太選手が出るのは前回とは違い第8区。前回の反省や悔しさを活かして自慢の走りを見せて欲しいです!

馬場翔太の進路はNTT東日本

スポンサーリンク

馬場翔太選手は今大学4年生ですから、今年で箱根駅伝は最後。

大学卒業後はNTT東日本の入ることがすでに決まっているみたいです。

ニューイヤー駅伝ではNTT西日本しかでていませんでしたが、NTT東日本のほうはどうなんでしょうか?

実業団がそもそもないという情報もあり、馬場翔太選手が陸上を辞めるのではないかという噂もあります。

続けて欲しいですよね。

 

ということで今回は馬場翔太選手の進路などについて記事をかいてみました。

 

スポンサードリンク