Appleがまたとんでもないもん作った。

 

Appleはこの度新型のiMac Proを発表。

この新型のiMac、

27インチの5Kディスプレイに最大18コアのXeonプロセッサで

お値段がなんと4,999ドル(約54万9890円)

 

「Appleの本気を見た」って言えるくらい

最強のコンピューターが誕生しました。

 

こんなバケモンみたいなもん作ってAppleはどうするんだ?って感じですが、

なんか、いいぞ!もっとやれ!感はある。

 

もはやエンジニアのロマンですね。

 

ということで今回はこの新型のiMacについて

日本での発売日やら値段やらいろいろと調べてみました。

スポンサーリンク
 

iMac Pro(2017新型)の機能やスペック

Appleが開発者向けに開催したWWDC 2017の中で、

最大18コアのXeonプロセッサや

Radeon Vegaを採用したApple史上最強の「iMac Pro」が発表されました。

 

iMacと言えば、現在も

120,800円(税別)から198,800円(税別)の価格帯で発売されている製品(カスタマイズを除く)。

 

1998年に初代iMacが発売されもうすぐ20周年を迎えるiMacですが、

その記念なのかとんでもないもん作ってきた。

 

今回発表されたiMacはCPUには8Core(オクタコア)のXeonを搭載し

10Core〜18Coreまでアップグレードが可能。

iMac 新型

今の時代まだ8Core(オクタコア)でもちょっとすごいのに

まさかの18core…

“18”ってなんて読めばいいのwww

 

あまりのすごさに「18コアを搭載したiMac。誤植ではありません。

とその圧倒的なスペックを誇示しています。

 

加えて、3Dグラフィックスを表示するために必要な計算を、

CPUに代わって処理するプロセッサーであるGPUはRadeon Pro Vegaを採用。

グラフィックスには単精度で最大11テラFLOPS、

半精度で22テラFLOPSの「Radeon Vega graphics」を備えます。

 

2台のRAIDシステムと2台の5Kディスプレイを4つのThunderbolt 3ポートに接続すれば、パワフルなワークステーションを作り上げることも可能。

iMac 新型

 

こうなるとディスプレイは最大4400万ピクセルにもなります。

iMac 新型

ディスプレイを4つ使うことなんてまず個人ではないだろうけど…

 

メモリは128GB ECC memory、SSDも4TBまでサポートされており

ティム・クックCEOの「作っちゃった、てへ」という声が聞こえてきそうなくらいのスペック。

 

色も、iMacと言えばこれまでは伝統的にスペースシルバーでしたが

今回はスペースグレーで高級感を強調。

iMac 新型

iMac 新型

キーボードやマウスもすべてスペースグレーになっています。

iMac Pro(2017新型)の日本での発売日や値段は?

この史上最強のiMac。

 

冒頭でも紹介しましたが、お値段はなんと

4,999ドル(約54万9890円)です

 

こんな高いの誰が買うんだろ…

 

グラフィックデザイナーさんとかが主なターゲットなのかな?

 

そんな中で気になるのが日本での発売ですが

公式の発表では今年12月とのこと。

 

歴代のiMacは

2015年モデルも2014年モデルもほぼほぼ

世界同時で発売なので日本でも12月に発売だと思われます。

 

クリスマスプレゼントにほしいよサンタさん。

スポンサーリンク
 

iMac Pro(2017新型)の日本での予約はいつから開始?

iMac 新型

日本のAppleのサイトで確認してみましたが

まだこちらは予約が始まっていませんでした。

 

アメリカでも同様です。

 

ビックカメラを見てもまだ予約可能の一覧にはなかったので

予約をするにはもう少し時間がかかりそうですね。

 

にしてもこんな超スペックが高いものを発表して

次のiMacのモデルは大丈夫なんだろうか…

今回のiMacは一般の方向けに開発されたものとは思えませんが

次は大衆向けMacの発表が楽しみです。

スポンサーリンク