山梨学院ニャイロのカメラ目線画像!納豆克服・オムワンバは温存?

ニャイロ選手のカメラ目線がウケるwwww

今年もやって参りました箱根駅伝!

各大学が火花を散らせ優勝を目指す汗と涙なしでは語れないこの戦いに新たなヒーローが誕生しました!

山梨学院大学で外国人枠で出場したケニア出身のドミニク・ニャイロ選手です!

なんと1区において10位でたすきを受けたあと猛烈な追い上げを見せ、8人を抜き2位まで順位を上げました!

早くも今大会のMVPといっても過言ではないニャイロ選手!

一体どんな人なのか調べてみました。

スポンサーリンク


山梨学院大学ニャイロが8人をごぼう抜き、カメラに向かって笑顔

ニャイロ

今年1月の箱根駅伝で3年ぶりのシード奪還を果たした山梨学院大陸上部。

今大会こそ優勝を狙う山梨学院大学ですが出だしは10位。

しかし、そこで登場してきたのがケニアからの留学生、ドミニク・ニャイロ選手。

なんと去年の4月に外国人留学生として入部をしてきたばかりの1年生!

当然日本語もまだうまくしゃべれないのでインタビューでなどは英語で答えています。

そしてこのニャイロ選手がたすきを受け取った途端にものすごい追い上げで、あらよあらよとあっという間に8人抜き。

しかも走っている最中もカメラに向かって笑顔を見せる余裕まで。

ニャイロ

むちゃくちゃいい笑顔。笑

 

ニャイロが納豆嫌いを克服

ニャイロ

そんなニャイロ選手の紹介で気になったのが「嫌いだった納豆を克服し、納豆パワーで走っていきます」という実況。

まあ日本にきた外国人がもっとも理解できないものの一つは間違いなく納豆のおいしさでしょうね。

ご存知の通り納豆は日本が世界に誇る超健康食品。

やはり納豆を食べる習慣をつけると体力も上がるそうで、スポーツ選手でも意識して食べている人は多いみたいです。

ニャイロ選手の納豆克服の実況を聞いた人たちはツイッターでこんなつぶやきを

ニャイロ選手が納豆を食べているとことってなんだか想像するだけでちょっと笑えてきます。

オムワンバは補欠

スポンサーリンク

箱根駅伝で山梨学院大学といえば忘れてはいけないのが1万メートル28分00秒33のチーム最速タイムを持つケニア出身のエノック・オムワンバ選手。

2013年の箱根駅伝では2区を走り、16位から4位までなんと12人抜きを果たした日本では伝説のケニア人。

今回の箱根駅伝では膝を痛めてしまったということで補欠に。

オムワンバ選手は大学4年生で箱根駅伝は今大会が最後。

同郷の仲間であるニャイロ選手に思いを託す結果となりました。

あのごぼう抜きがまた見れるかと思ったのですが少し残念ですね。

しかし、そんなオムワンバ選手の意思をついてニャイロが選手が魅せてくれました。

しかもまだニャイロ選手は一年生。怪我などの不運に見舞われなければ来年も箱根駅伝に出場するのは間違いないでしょう!

スポンサーリンク

最後までお読み頂きありがとうございます!

この記事を気に入っていただけたら、よかったらシェアして下さいね!


【シェアする】

unknown



コメントを残す

サブコンテンツ

Twitterアカウント

このページの先頭へ