ライフネット生命が赤字倒産の危機|株価ダダ下がりで岩瀬社長の対策は?

「入社一年目の教科書」

 

新入社員から定年近い方にまで

売れに売れまくったこのビジネス書を書いた岩瀬大輔社長が経営する

ライフネット生命保険株式会社が今倒産の危機にあります。

 

岩瀬社長といえば

元ボストン・コンサルティング勤務で

ハーバード大学院へMBA留学をし、

日本人4人目のBaker Scholar受賞するなどの

エリートの中のエリート。

 

財政界でもかなりの発言力を持っていて

個人としてのブランドもものすごい方ですが、

一体岩瀬社長に何があったのだろうか…

Sponsored Link

ライフネット生命とは

ライフネット生命

画像出典:http://kaeru.orio.jp/blog/2009/03/post_698.html

ライフネット生命保険株式会社は

その名の通り生命保険を主に扱う会社。

 

従来の生保と言えば営業は保険外交員と呼ばれる

営業ウーマンが行うことが常で、

ネット証券やネット銀行など他の金融商品がどんどんネット化していく中

生保業界はリアルでの営業という旧来モデルに固執していました。

 

そんな中で誕生したのがライフネット生命保険。

 

ライフネット生命は起業した当初

スタッフに社長と副社長と事務員の3人しかいないという具合だったのですが、

営業マンを雇わずにネットでの展開をしていったおかげで

人件費や事務費用を抑えたリーズナブルな生命保険を実現。

 

2006年10月に会社設立されると

その後2009年8月には保有契約件数1万件を突破。

 

2011年12月には保有契約件数10万件を突破し

2012年に創業からわずか6年あまりで東証マザーズに上場したという

ものすごい経営手腕を持った「初の独立系インターネット生命保険会社」です

 

中でもライフネット生命の名前を一躍有名にしたのが

社長の岩瀬さんが書いたこちらのビジネス書。

入社一年目の教科書

画像出典:http://www.diamond.co.jp/book/9784478015421.html

2011年5月に刊行されていますが、

今もなお4月の新入社員が入ってくる季節になると

ビジネス書のランキングでトップ10に入る

名著中の名著です。

 

私も新入社員になりたての頃にこれを読みましたが

非常に良い本でした。

ライフネット生命が株価ダダ下がりで赤字倒産の危機

画像出典:Yahooファイナンス

しかし、そんな中で最近のライフネット生命は赤字が膨らみ

2012年に上場して以来、株価はダダ下がりの状態。

 

新契約は2011年度、2012年度の6万件超えを境に減少に転じ、

2014年度は2万以下の水準にとどまっています。

 

しかも2014年から16Qに渡って赤字という

とんでもないことになっています。

 

あんなり調子がよさそうだったのになぜ…

 

理由の一つとしてあるのはやはり競争の激化

 

ネット生保という新しい分野を切り開いたライフネット生命ですが、

その後続々とライバルが参入し、現在は計8社がネットで保険を販売しています。

 

その上に「やっぱり生保は営業マンの顔を見て決めたい」という意見が圧倒的に多いようで

ネット生保という業界自体があんまり盛り上がっていないのが原因のようですね。

 

確かに保険て制度がむちゃくちゃ分かりにくいし

入るのはどちらかと言えばお年寄りなので

ネットを使える若い世代の需要が低そうです。

 

そうした保険の性質の難しさがライフネット生命の

躍進が留まってしまってる理由なのかも。

ライフネット生命が赤字倒産の危機に岩瀬社長の対策は?

ライフネット生命 赤字 倒産

画像出典:http://kabumatome.doorblog.jp/archives/65894110.html

そうした苦しい状況の中で岩瀬社長がFacebookに放った

投稿がかなり注目を集めています。

 

改めて、よくよく考えてみたのですが、やっぱり、私の友人知人、フェイスブックをフォロー頂いている皆さんは、特段の事情がない限り、少しくらい手続きが面倒でも、生命保険はライフネットにして頂きたいです。まだ検討や手続きがお済みでない方は、どうか宜しくお願い致します。質問ある方はメッセください。

ちょっとあまりにも押し売り感がすごすぎませんか…

 

あの入社一年目の教科書の著者がこんなことを言うなんて。

 

保険という「安心」が求められる業界において

この岩瀬社長のやり方にはかなり苦言を呈する投稿が多いです。

 

岩瀬社長ってあのハーバード大学院のMBAを取得していて

しかもそれが日本人4人目のBaker Scholar受賞という偉業なんですよね。

 

開成高校、東大法学部卒で元々はボスコン勤務という

エリートの中のエリートという経歴をお持ちなんですが

まさかこんなことになるとは…

 

ライフネット生命は2017年から、

KDDIとの提携を本格始動させていて

auのスマートフォン(auスマホ)などを利用している方対して、

auの生命ほけん」の提供を開始しています。

 

これで契約件数が伸びてきているみたいですが

巻き返しの図れるのか…

Sponsored Link

最後までお読み頂きありがとうございます!

この記事を気に入っていただけたら、シェアにご協力よろしくおねがいします!





コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ