新田真剣佑には彼女どころか隠し子が?子供の母親はLA在住で写真は?

「真剣佑」から「新田真剣佑」に改名し、

トップコートに移籍となった真剣佑さん。

 

なんか「それって芸名変える意味あるの?」感が若干否めないのですが、

新田真剣佑さんのことについて調べてみると

とんでもない情報が。

 

なんと新田真剣佑さんは14歳の頃に年上の女性との間に設けた

隠し子がいて、相手の女性は現在LAに在住しているんだとか。

 

確かに新田真剣佑さんて血は完全に日本人ですが、

ずっとアメリカぐらしだったために日本人の常識に縛られない感は

ありますけど、アメリカだって14歳で父親なんて稀でしょう。

 

これって本当なんでしょうか?

詳細について詳しく調べてみました!

Sponsored Link

新田真剣佑のプロフィール

新田真剣佑

画像出典:https://matome.naver.jp/odai/2146982205002371001

  • 本名 前田 真剣佑(まえだ まっけんゆう)
  • 生年月日 1996年11月16日(20歳)
  • 出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ロサンゼルス
  • 身長 176 cm
  • 血液型 B型
  • 職業 俳優ジャンル 映画、ショートフィルム、テレビドラマ

二世タレントとして活躍中の新田真剣佑さん。

 

父親はあの海外でも知名度が高い名俳優の千葉真一さんです。

千葉真一

画像出典:http://www.oricon.co.jp/news/2059228/full/

千葉真一さんは1972年に元NHKアナウンサーの野際陽子さんと

テレビドラマで共演したことをきっかけに知り合い、結婚。

その3年後に一人娘の真瀬樹里さんを設けます。

 

二人はおしどり夫婦として有名でしたが、

ハリウッドで仕事が増え始めて拠点を移したい千葉真一さんと、

日本に居たい野際さんの意志不一致から、1994年に離婚。

 

その後千葉真一さんは一般女性と1996年に再婚して

生まれたのが真剣佑さんというわけです。(2015年にまた離婚)

千葉真一

画像出典:enjoybloger.com

 

お父さんがハリウッドでお仕事をしていた関係で

生まれも育ちもLAというわけですね。

 

さすがあの世界に名だたる千葉真一の息子さんというだけあって

そのスペックは二世タレントの中でも屈指の高さ。

 

幼少の頃より空手道(極真会館)・器械体操・水泳・ピアノを稽古や嗜み、LA空手大会で優勝。

 

他にも特技は

  • 乗馬
  • 殺陣
  • レスリング
  • スキー
  • フルート
  • アルトサックス

といった感じで当然英語もペラペラ。

 

さらに2017年、『ちはやふる -上の句- / -下の句-』で、

第40回日本アカデミー賞の新人俳優賞を受賞するなど

今後がとても楽しみな今注目の若手俳優さんですね。

 

私もドラマの「仰げば尊し」に出演していたのを見ていましたが、

一人だけすごく背が高いし、

なんかヤンキー役なのに育ちの良さが隠しきれてないという感じでした笑

 

ちなみに真剣佑さんの弟さんについてはこちら。

⇒ 真剣佑の弟の名前はゴードンで高校は岡山の明誠学院?サックスが吹ける?

弟さんはハーフなんじゃないかってくらいキリッとしてます笑

新田真剣佑には彼女どころか隠し子が?子供の母親はLA在住で写真は?

真剣佑

画像出典:https://twitter.com/weban/status/

そんな超ハイスペック、芸能界のサラブレッドな

真剣佑さんですが、調べてみると衝撃の情報が。

 

なんと現在20歳にしてすでに6歳にもなる子どもがいて

その母親はLAに在住しているとのこと。

 

報道によればそのお相手の方は

  • 両親とも付き合いがあるロス在住の日本人女性Yさんで当時の年齢は37歳
  • 色白の和風美人
  • 子持ちの既婚者で、真剣佑さんの子供を出産後に離婚
  • 現在はシングルマザーで、元旦那の子供たちと一緒に育てている

とのことです。

 

真剣佑さんは当時14歳、相手の女性であるYさんは当時37歳ということで歳の差はなんと23歳!

 

当然、このことはお父さんである千葉真一さんの耳にも入り、

「息子は無理矢理◯◯◯された」としてYさんは訴えられてしまいました。

 

実際にYさんは2013年10月に「14歳以下の子どもと行為をした」として訴えられているそうです。

これ法律的にやばいのかな?と思って調べてみると

相思相愛な分にはもちろん問題ありませんが、

訴えられようものならアメリカなら最大で懲役8年にもなるんだとか…

 

しかし、そこは真剣佑さんも「無理矢理じゃなくて合意の上だった」と

訴えを却下したそうですが、

まさか37歳の女性が14歳の男子とね…

 

こちらが2012年(14歳頃)の真剣佑です。

こんなイケメン中学生に言い寄られたら

確かに落ちちゃうかもなあ…

Sponsored Link

新田真剣佑の隠し子と母親の現在は?

真剣佑

画像出典:http://hiroi24.com/7421.html

新田真剣佑さんは現在日本でお仕事をするために日本に在住。

 

一方でお相手の女性の方を娘さんは

今もアメリカに住んでいるようです。

 

女性は新田真剣佑さんの子供を産んだ後に

元の家族と離婚をしてしまったようですね。

 

しかも、前の夫との間には4人も子供がいるようで

全部で5人の子供を育てているんだとか。

 

ただ新田真剣佑さんも14歳当時は法律で子供を認知できなかっただけで

自分が通っていた空手道場に娘を抱いて現れ

俺の娘です」と紹介したこともあるようです。

 

また、この件に関して真剣佑さんは弁護士を通じて

「事実関係に重大な間違いがあるものの、事案の内容にかんがみ、コメントは差し控えさせていただきます」

と声明を発表しています。

 

弁護士を雇うってことはかなり信憑性も高いな…

 

この件に関してはツイッターもやはり大荒れで

まあそうなりますよね。

 

以前、志田未来さん主演で14歳の母というドラマがやっていましたが、

それのリアル版。

 

イケメンだし、才能もあるし、今後トップクラスの

俳優になることは間違いないのですが、

思わぬところでイメージダウンとなってしまいました。

 

今回「新田真剣佑」という名前に改名した

真剣佑さんですが、そうした一連の騒動も全て振り切って

新しくやり直すという意味で「新田」にしたのかなあ…

 

隠し子報道も含めて真相は分かりませんが、

今後の対応をちょっと様子見てみましょう。

 

ちなみに真剣佑さんの弟さんについてはこちら。

⇒ 真剣佑の弟の名前はゴードンで高校は岡山の明誠学院?サックスが吹ける?

弟さんはハーフなんじゃないかってくらいキリッとしてます笑

Sponsored Link

最後までお読み頂きありがとうございます!

この記事を気に入っていただけたら、シェアにご協力よろしくおねがいします!





One Response to “新田真剣佑には彼女どころか隠し子が?子供の母親はLA在住で写真は?”

  1. ameri より:

    真剣佑さんのファンの者です。アメリカに住んでいます。以前から真剣佑さんの隠し子の話題に違和感を感じていました。フライデーでスクープされた内容は、結局誰かが数年前にネットに書き込みした内容そのままで、なんの根拠も証拠もないものですよね?アメリカでは未成年者と性行為を持つことは重罪として取り上げられ、被害者の未成年者が被告をかばう事は出来ません。たとえ保護者の納得の上での関係でも、その場合は了承していた保護者も罰せられるという厳しい法律になっています。裁判は国民vs被告という事になりますので、記事にあったように真剣佑さんが被告を守るなんて事は到底不可能です。お子さんがもし存在するとしたらDNA鑑定は避けられない事だと思います。しかもあの息子さんを溺愛されて、誰よりも彼の成功を願っていられる千葉さんが裁判沙汰なんて公にするとは考えられません。アメリカでは常識な法律なので、すぐに訂正されるものとばかり思っていましたが、無知な日本のメディアの報道に残念でなりません。メディアが報じれば、一般の方々は信じてしまうのは当然です。一人の青年の人生がかかっているというのに…。彼は真っ直ぐに役者を志している青年です。しかしこんないい加減な報道の為に、間違ったイメージを植え付けられてしまって、毎回何かにつけて「隠し子」という文字を目にして悔しくてなりません。これは私個人の想像ですが、彼は日本の雑誌相手に裁判を起こしたり、否定したりしても、結局裏目に出てしまうのを懸念しているのではないかと思います。確かにもし彼が否定しようものならば、お父様の千葉さんのように、何でも裁判沙汰にする印象を植え付けられてしまうだけではないかと思います。彼はただ役者の道を真っ直ぐ進んで、いつか日本の皆さんに分かってもらえる事を願っているのではないでしょうか?アメリカの法律を知っている一ファンとして何か出来ないか色々と考えました。雑誌社に問い合わせようか?とか。でもやはり私と同じファンの皆さんのお力が一番大きいのではないかと思いました。どうかこの内容をより多くのファンの方に読んで頂き、真剣佑さんのお力に少しでもなれたら嬉しいです。ご協力お願いします!

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ