駅伝に犬乱入でポール・クイラ転倒!飼い主は子連れのおじいちゃん

元旦のニューイヤー駅伝、優勝はトヨタ自動車で連覇がきまりましたね!

しかし、喜んでばかりいられなかったのが今回のニューイヤー駅伝。

なんと駅伝の最中に突如犬が乱入してきて、選手が転倒する自体に。

転倒した先週はコニカミノルタの外国人枠ででていたポール・クイラ選手。

結局コニカミノルタはタイムが04:52:36で第2位の成績でしたが、トップのトヨタ自動車は04:52:15でその差わずか21秒

これはコニカミノルタは悔しいでしょうね。

一体なぜこのような犬が乱入する自体になってしまったんでしょうか?飼い主のしつけは?

またポール・クイラ選手についても気になったので調べてみました。

スポンサーリンク

ニューイヤー駅伝で犬が乱入!飼い主が子連れのおじいちゃん?

ニューイヤー駅伝 犬 ポール・クイラ

ニューイヤー駅伝2区コニカミノルタのポール・クイラ選手が沿道から飛び出してきた犬により転倒。

動画はこちら

幸い転倒をしたといってもすぐに立ち上がってレースに復帰できたのでそこまでのタイムロスはなかったと思いますが、これを見た人たとからは批判が殺到。

そしてツイッターでもこんなつぶやきが

この騒ぎをその場で見ていた人たちによればこの犬の飼い主は小さい子供(孫?)をつれて観戦をしていたおじいちゃん。

しかも小さいこどもを抱っこしていたみたいです。

たしかにペットを連れて駅伝を観戦してはいけないというルールはおそらくないでしょうが、これは飼い主の責任として賠償責任に問われるでしょうね。

転倒させられたポール・クイラ選手は

ポール・クイラ 犬

転倒をさせられたポール・クイラ選手のプロフィールはこちら

Paul Kuira

生年月日  1990年1月25日
身長/体重  168cm/50kg
血液型  A型
出身地  ケニア
出身校  仙台育英高校
引用元:http://www.konicaminolta.jp/athlete/introduction/paul.html
出身高校はあのスポーツの名門仙台育英高校、数々のプロ野球選手、プロゴルファー、陸上選手、そして去年日本中を沸かせたプロラグビー選手、五郎丸選手との不仲説が浮上している畠山健介選手などを輩出している高校です。
 
関連記事:【不仲】有吉反省会で畠山健介が五郎丸に嫉妬!?画像
 
ポール・クイラ選手は今回の騒動に関してはまだコメントをしていないみたいですが、おそらくお怒りなのではないでしょうか。
 

飼い主に賠償責任は?

スポンサーリンク

いまのところは犬の飼い主が判明したという報道はなされていません。

ひょっとしたらすぐに逃げおおせたのかもしれません。

しかし、これは本当に賠償責任もの。

この事件さえなければひょっとして優勝していたかもしれないコニカミノルタに訴えられてもおかしくありません。

まあコニカミノルタって最近はブランドイメージなどを大切にしているみたいなのであまりコニカミノルタが訴えた!という悪いニュースが報道されるのは好まないかもしれませんが。

飼い主が小さい子供を抱っこしたおじいちゃんだということもあり、穏便に済ませるかもしれません。

 
しかし、新年早々いきなりテレビ史にの残る大ハプニング。
前もたしかマラソンの世界大会か何かで突然一般人が観客席から突っ込んできたというニュースがありましたよね。
 
来年からこうした駅伝関係の観戦のルールが厳しくなるのは間違いないでしょう
Sponsored Link

最後までお読み頂きありがとうございます!

この記事を気に入っていただけたら、よかったらシェアして下さいね!


【シェアする】

unknown



コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ