【放送事故】天然・綾瀬はるか2015年紅白の噛み司会まとめ

もはや年末の風物詩となるのではないかと噂されつつある綾瀬はるかさんの紅白歌合戦での噛み噛みな司会。

その噛みっぷりは放送事故レベルに達するとの呼び声も高い。

2013年に司会を務めた際もかなり話題になりましたが、今回は2015年バージョンということで綾瀬はるかさんが司会に抜擢された経緯から、本番とリハーサルでのミスをまとめてみました。

紅白を見た人も見れなかった人も必見、ぜひご覧ください!

スポンサーリンク


綾瀬はるか、2015年紅白司会に抜擢

綾瀬はるか

綾瀬はるかさんの紅白での司会が内定したのは11月頃。もともとは総合司会にタモリさん、紅組は有働由実子アナウンサー、白組はV6井ノ原快彦という同局「あさイチ」の司会コンビという布陣で固める方向でまとまっていました。

しかしその後タモリさんが急遽辞退。

そこで以前にも紅白で司会を務めた綾瀬はるかさんのもとに司会の依頼が届き、結果的に

紅組司会:綾瀬はるか

白組司会:井ノ原快彦さん

総合司会:黒柳徹子さん、有働由美子アナウンサー

という布陣になったわけです。

しかし、過去2013年に紅白で司会を務めた時は

「紅組トップバッターである浜崎あゆみの紹介のセリフを忘れる」「美輪明宏にコメントを求めるも、外国語に対処できずスルー」「ももクロのド派手な衣装に『すごいですねえ』の一言だけ」

これ以外にもかなりやらかしてしまっている綾瀬はるかさん。

今回は一体どうなったんでしょうか!?

綾瀬はるかの紅白本番時にて

綾瀬はるか

少し不安定ながらも目立った失敗はなく順調に進んだ本番時。

ツイッターでもリアルタイムで「綾瀬はるかの司会が安定している!」「相当練習をつんできたんだろう」といったつぶやきが多数なされ、前回2013年から進化したことを見せつけた綾瀬はるかさん。

しかし、やはりそれでもいくつかミスや天然っぷりが垣間見えるコメントをしてしまいました。

・椎名林檎とコメントのタイミングが被ってしまい椎名林檎の声がかきけされる

・Superflyの発音を「スーパー↑フライ↑」と揚げ物みたいに発音

・ゴールデンボンバーに対して「あと何年この曲ででるんですか?」と鋭い質問

・大御所・小林幸子の番の時「ラスボスの降臨です!小林幸子さんで千本桜!」

・木村拓哉にいじられ、「このあとSMAPさん」と言おうとしたところ「このあとさん」

とまあこのようにやはりいろいろとありましたが、全体的にみれば井ノ原快彦さんらのサポートもあり、終始安定した司会をされていました。

確実に噛んだとわかったのも「このあとさん」だけみたいですしね。

綾瀬はるかの紅白リハーサルでの失敗

スポンサーリンク

本番ではなかったので放送はされていませんが、もし放送されていたら確実に放送事故レベルだったもの。

Yahooニュースなどで連日取り上げられた綾瀬はるかさんの天然っぷりはこちら。

・マイクを持たずにリハに登場

・EXILEのことを「イグザエル」と発音

・「寺田心」(てらだこころ)君のことを「てらだしん」

・20年ぶりに再結成し、紅白初出場を果たしたバンド「レベッカ」が年明け以降の活動は「白紙」としていたところ、「最後の歌声になるそうです」と台本を読み上げて曲紹介。

 

おそらくご本人も前回の反省を活かしてバッチリ準備をしてきたのだと思いますが、やっぱりやっちゃいましたね。

しかし、個人的にはそれくらい少し抜けているほうが表裏のない清純なイメージがついて逆に人気も出るんじゃないかと思いますけど。

NHKが来年3月から3年間放送する大型ドラマ『精霊の守り人』への主演が決まっている綾瀬はるかさん。

これから先もまだまだ大活躍してくれそうな女優さんですね。

ということで今回は紅白での綾瀬はるかさんの噛みっぷりについてまとめてみました。

スポンサーリンク

最後までお読み頂きありがとうございます!

この記事を気に入っていただけたら、よかったらシェアして下さいね!


【シェアする】

unknown



コメントを残す

サブコンテンツ

Twitterアカウント

このページの先頭へ