【ボク、運命の人です】1話感想あらすじ!亀と山Pのやりとりが神

ついに始まりましたボク、運命の人です!!!

 

このドラマは亀梨和也さんと山下智久さんが

野ブタをプロデュース以来12年ぶりにタッグを組むということで

放送前から超話題になっていましたが、

いやはや次も絶対に見たくなる内容だった!!

 

また、事前に情報があったボク運ダンスなるもの

木村文乃さんの可愛らしい踊り姿が見れて

もう本当にOPからEDまで盛りだくさんな内容でした!

 

今回はそんな「ボク、運命の人です」1話のあらすじや感想について

書いていきますね!

Sponsored Link

ボク、運命の人です(ボク運)1話のあらすじ

ボク運命の人です ダンス

今回は女運がなくて、付き合った女の人がいつも変な人ばっかり

という亀梨和也さん演じる正木誠が主人公。

 

そしてその同じ階の隣のオフィスにある

マーケティング会社で働く木村文乃さん演じる湖月晴子

今回のヒロインです。

 

物語は

誠がウォーターサーバーを販売する会社に勤務していて

転勤で静岡から東京のほうへ引っ越してくるところから始まるのですが、

誠は過去に付き合った女性が

  • 5ヶ月で25キロ太った
  • お風呂に入るたびに財布からお金を抜いてくる

などなど非常に災難な恋愛を経験してきました。

 

さらに追い打ちをかけるように、

今付き合っている彼女も実は美人局で

誠からお金を巻き上げようとしていたことが発覚します。

 

 

悲しみにくれる誠でしたが、

そんな時についに山下智久さん演じる神が登場!!

 

これまでの女運の悪さは

実は運命が間違った相手とくっつかないようにと

誠を導いていたこと、

そして隣の会社で働く晴子が運命の人で

晴子と結婚をして子供を産まないと

30年後の地球が隕石によって崩壊することを告げられました。

 

最初は半信半疑な誠でしたが、

実は気づかなかっただけで

過去に何度も晴子と出会っていたことが分かり

晴子が運命の人なのだと信じることに。

 

一方の晴子のほうももうアラサーでそろそろ結婚を考えないといけませんが、

どうも男運がなくて実家の親にも心配される始末。

 

「誰かいい人いないかな〜」と思っているところで

いきなり誠から「ボクがあなたの運命の男です!

と告げられました。

 

しかし、晴子は根っからのロジカルな女で

そんな意味不明な不審者の言葉には

アイアンメイデンばりな対応。

 

これには誠もひどくショックを受けて

自暴自棄になりますが、

実は過去に晴子からとあることで

悲しみの底から救ってもらったことを思い出しました。

 

そして、オーケストラの演奏会場でまたもや

運命的な再会を果たし、

やはり俺たちは運命の人同士なのだ

とまたやる気がでてきます。

 

 

そして、恋愛ドラマお約束の

昔の晴子の想い人、誠の恋のライバルが

ビルの向かいの会社に転勤してくることで

1話は終了です。

ボク、運命の人です(ボク運)1話の感想

ボク運命の人です

画像出典:https://twitter.com/tomo_ara/status/

今回の見所はなんといっても

亀梨和也さんと山下智久さんのやりとり。

 

野ブタをプロデュースの時は

亀梨和也さんは世渡り上手で

いつも冷静な役。

 

山下智久さんがかなりトリッキーで

ひょうひょうとした役でしたが、

今回もそんな二人のやりとりは健在!!

 

 

山下智久さん演じる神は

いきなり現れては消え、

「いきなり入ってくんなよ!」と亀梨和也さんに言われると

「じゃあ次はインターホン押すね」とか、

 

「隕石が地球に衝突して、ヒューボカン!」などなど

相変わらずの自由奔放ぶり笑

 

これには胸熱だった方も相当多かったようで

などなど山Pのキャラや二人の掛け合いを絶賛する声が多数。

 

実は私も12年前の野ブタをプロデュースは見ていたんですけど、

これ視聴者のために絶対キャラを寄せてくれているなと笑

 

さすが日テレわかってる!!という感じでした!

ボク、運命の人ですのボク運ダンスの反響もすごい

さらに前々から話題になっていた

こちらのボク運ダンス!!

 

こちらも野ブタをプロデュースの「修二と彰」以来の

タッグとなりましたが、

これがまたいいのよ〜〜

 

木村文乃さんのルンルンぶりも本当に最高!

もうサビのところは何度も見てしまいます。

 

振り付けに関してはこちらをどうぞ!

⇒ ボク運ダンスのフル振り付けを分かりやすく解説!反転動画は?

 

また実はEDだけじゃなくて

意外と好評だったのがOP。

 

すごい反響です!!

Sponsored Link

ボク、運命の人です(ボク運)1話の考察と2話へ向けて

そんな感じで最高のスタートを切った

ボク、運命の人です。

 

今回ちょっと気になったのが、

意外にも山下智久さん演じる神が神っぽくない笑

 

確かに突然消えたり、現れたりとか神っぽい能力はあるんですが、

  • 神なのにあんまり後光差していない
  • 神なのに服装普通
  • ていうか神なから地球に衝突する隕石自分でなんとかしてくれよ

って感じなんです。

よって神とは言いつつも、本当は未来から来た普通に人間なんじゃないかな〜と思います。

ひょっとしたら誠と晴子の子供かも?

 

2話に関しては誠が高校球児だった頃からのライバルである

満島真之介さん演じる定岡がでてきて

二人の運命の前に立ちはだかります。

 

高校の時は誠がピッチャー、定岡がバッターで

誠はさよならホームランを打たれた苦い過去がありますが、

果たしてどうなっていくのか!?

 

2話も絶対に見逃さないぞ!

Sponsored Link

最後までお読み頂きありがとうございます!

この記事を気に入っていただけたら、よかったらシェアして下さいね!


【シェアする】

unknown



コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ