CHERRSEE(チェルシー)メンバーのWikiプロフ!出身は韓国?

今ノリにノッている韓流のアーティスト・CHERRSEE(チェルシー)!

 

相変わらず韓流のダンスユニットなどのアーティストが日本で人気ですが、

中でもCHERRSEE(チェルシー)は一味違う。

 

なんとメンバー全員が日本人でありながらも実はBIGBANGといった人気アーティストに楽曲を提供する

韓国の大物プロデューサーの元で指導を受けたという逆輸入グループなんです!

 

最近はディーン・フジオカさんみたいな、こういう感じの増えてきましたね!

 

今回はこの新進気鋭のグループCHERRSEE(チェルシー)についてメンバーや楽曲などを紹介していきます!

Sponsored Link

CHERRSEE(チェルシー)のWikiプロフィール【韓国発の逆輸入グループ】

チェルシー ダンス

画像出典:http://life-watcher.com/10808.html

このハイカラ感。笑

華やかですね〜

 

“CHERRSEE”はK-POP界屈指のヒットメーカー、

勇敢な兄弟」がプロデュースする本格派ダンスボーカルグループです。

 

「勇敢な兄弟」とは一見ちょっとふざけた名前にも思えますが、

なんとあのBIGBANG、SISTARなどに楽曲を多数提供した韓国では超有名な

大物プロデューサー。

 

本名はカン・ドンチョルという方なのですが、

最近手がけたものでいうと…

実はちゃっかり青山テルマさんにも”Intro”, “Fallen Angel”, “My Sweetest Sin”といった楽曲を提供していたりします。

 

そんな大物プロデューサーから楽曲を提供を受けるなんて

さぞ韓国本国でも有名なグループなんだろうと思いきや、

実はなんとメンバーは全員日本人。

 

2014年のオーディションで約5800人から選ばれた彼女たちは日本でレッスンを重ねた後、半年間韓国で合宿。

韓国の一流の先生からダンスと歌、ラップを習うなど、韓国スタイルの厳しい指導を受けているのです。

 

中にはこのためにSKE48の加入を辞退したり、

E-Girls系のグループを脱退したりした人もいるようです。

 

韓国のアイドル業界の競争の激しさはみなさんもご周知の通り。

その状況を生き抜いてきたとなればこれはもう「本格派」と自ら呼ぶのも納得です。

 

ちなみに”CHERRSEE”(チェルシー)は、本来の英語のスペルはChelsea, Chelsy, Chelsie, Chelucyなどで

意味は古英語で「チョークが採れる土地」。

 

人名でもよく使われる単語ですね。

 

ですが、こちらのチェルシーはそれとは全く関係なく笑

“Cherry Seeds”(桜の種)の造語で

まかれたばかりの種が満開の桜のように人々を魅了する」と言う意味が込められています。

 

CHERRSEE(チェルシー)のメンバー紹介

チェルシー

画像出典:http://ameblo.jp/cherrsee/image-12251573939-13878010048.html

“CHERRSEE”にはメンバーが全部で5人います。

 

末っ子ポジション、MIYU

チェルシー MIYU

画像出典:http://cherrsee.com/profile/

生年月日:1998年8月27日(18)

身長:157cm

CHERRSEEの末っ子

特技:けん玉、マラソン

 

CHERRSEE(チェルシー)MIYUの高校や大学はどこ?木下春奈と同じクラス

 

センター的存在、SAYURI

チェルシー SAYURI

画像出典:http://cherrsee.com/profile/

生年月日:1997年12月22日(19)

身長:160cm

特技:アクロバット、英語

 

元気担当、NENE

NENE チェルシー

画像出典:http://cherrsee.com/profile/

生年月日:1996年8月24日(20)

身長:160cm

特技:バルーンアート、水泳

 

ラップ担当、LENA

チェルシー LENA

画像出典:http://cherrsee.com/profile/

生年月日:1995年10月21日(21)

身長:157cm

特技:韓国語

 

リーダー、HIKARU

チェルシー HIKARU

画像出典:http://cherrsee.com/profile/

生年月日:1992年6月26日(23)

身長:157cm

 

Sponsored Link

CHERRSEE(チェルシー)の楽曲

そんなCHERRSEEの楽曲がこちら。

MVも完全にTHE韓流グループって感じなので、日本語で急に歌いだした時は違和感がたっぷりでした。笑

 

ダンスのキレもさることながら、動きがものすごいシンクロ率です。

これはもう売れる気配しかしませんね。

 

やはり国がエンターテイメントに力を入れている韓国で学んだとなると

ひと味違います。

 

この勢いでぜひ日本のアイドル業界にどでかい風穴を開けてもらいたい!

Sponsored Link

最後までお読み頂きありがとうございます!

この記事を気に入っていただけたら、シェアにご協力よろしくおねがいします!





コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ