ヒガンバナに高梨臨出演!歯やあごを整形?英語喋れて将棋は初段?

来年1月スタートのドラマ『ヒガンバナ~警視庁捜査七課~』に女優の高梨臨さんが出演します!

高梨臨さんといえば、2015年は『まっしろ』『DR.倫太郎』『5→9〜私に恋したお坊さん〜』など多数のドラマに出演されていましたね。

そして2016年一発目のドラマは先日電撃結婚を発表して話題となった堀北真希さん主演の『ヒガンバナ~警視庁捜査七課~』に出演。

最近になってドラマやバラエティー番組などテレビで見かけることが多くなりました。

そこで今回はそんな最近徐々に人気を上げてきている高梨臨さんについて新ドラマでの役どころや数々の噂ついて記事を書いてみました。

スポンサーリンク


高梨臨が『ヒガンバナ』に出演

高梨臨

『ヒガンバナ~警視庁捜査七課~』は高い共感力で事件関係者とシンクロし、 現場に残る声が聞こえる“共感力”という特殊能力を持つ堀北真希さん演じる主人公の刑事・来宮渚を軸にしたサスペンスドラマです。

女性の犯罪者・女性の被害者への対策に特化した部署・捜査第七課、通称ヒガンバナ。

女性だけで構成された部署で所属するのは一癖も二癖もある6人の女性刑事。

今回、高梨臨さんが演じるのはその中の一人、伊東凛というゆとり世代の女性刑事です。

自身の足で捜査するということは少なく、ネットを使って聞き込みなどを行うところが「ゆとり」らしいのですが、なんか色々とゆとりを批判する大人たちの偏見が盛り込まれていそうな臭いがしますね笑

ちなみにゆとり世代とは広義の意味だと1987年~2004年生まれの人たちのことで、高梨臨さんは1988年生まれなのでゆとり世代。

ゆとり世代で甘やかされた役を演じることについてはご自身どう思っているのでしょうか笑

歯を矯正、あごは整形疑惑?

高梨臨

巷で噂になっているのが高梨臨さんが歯を矯正したという話。

まあやっぱりテレビなどに出る人って歯がけっこう命だと思うので別に珍しいことでもなんでもない気がしますけどね。

特に女優さんですから、歯の白さは健康的で爽やかなイメージに直結しますし。

あごの矯正についても噂されていますが、それも歯が整ったことによって顔全体の印象が変わったことからきているにではないかと思われます。

もともとキレイな顔立ちの方だったために歯並びの悪さが目立ってしまっていましたから。

もしくは単純に歯並びがよくなったことで噛みあわせがうまくなって本当にあごの形が少し変形したのかもしれませんね。

いづれにしても整形説はあまり信憑性がなさそうです。

高梨臨は将棋は初段、英語が得意?

スポンサーリンク

高梨臨さんはNHKで将棋を見たことがきっかけで将棋を始めて、それから半年で初段を習得されたそうです。

将棋連盟の初段を取得されているそうで、人にもよりますがだいたい取得までに数ヶ月かかるんだとか。

しかし、高梨臨さんは女優業などで忙しい合間を縫っての取得ということですからやはりかなり努力されたのではないかと思います。

将棋女子というのはギャップがあってウケが良さそうですね。

 

他にも高梨臨さんはドラマで以前に英語教師の役を務めたことで英語が堪能なのではないかと噂されたいます。

しかし、本人によれば可もなく不可もなくといった感じで、その前の映画出演で英語のセリフを読んだ時は監督からかなりダメ出しをされたそう。

しかし、将棋のことからも分かるように勉強熱心だと思われるのでひょっとしたら英語の勉強はきちんと続けているかもしれません。

 

というわけで今回は高梨臨さんいついて記事を書いてみました。

たくさんの女性キャストが活躍する『ヒガンバナ』は要チェックです!

 

スポンサーリンク

最後までお読み頂きありがとうございます!

この記事を気に入っていただけたら、よかったらシェアして下さいね!


【シェアする】

unknown



コメントを残す

サブコンテンツ

Twitterアカウント

このページの先頭へ