クリスマスケーキの値引き・割引はいつから?狙い目はコンビニ!

クリスマスと言えばクリスマスケーキ。

この時ばっかりは普段ダイエットをして甘いものを我慢している方でもついつい甘いものを食べてしまうのではないでしょうか。

でも、やっぱりクリスマスケーキってちょっと高いですよね。

イトーヨーカドーとかのスーパーでも安くても4000円はしますし。

しかーーーーし!!

クリスマスケーキにはそう、12月25日になれば値引きがあります。

今回は学生時代にはクリスマスにコンビニやスーパーのアルバイトをしていた私めが、少しでもクリスマスケーキを安く手に入れるための方法を紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク


値引きされたクリスマスケーキを確実にゲットするには?

クリスマスケーキ 値引き 特売

実は近年値引きされたクリスマスケーキを入手するのはかなり困難になってきています。

その理由はPOSなどの販売情報を管理するシステムの精度が上がったこと。

みなさんも「昔は半額になっているクリスマスケーキがいっぱいあったけど、最近は前よりも見なくなってきた」と思ったことはないでしょうか?

大手コンビニなどは特にそうですが、実は過去の膨大なデータをもとに「この日時でこの時間帯でさらに雨の日には30代女性の多くの人がこの商品を買う」というところまで予想ができるようになってきています。

クリスマスケーキについても同様で、過去のクリスマスの売上データをもとにして「だいたいこれくらい仕入れれば値引きをせずに済み、利益が最大化する」ということが分かっているのです。

よって仮に値引きがされている場合は、間違えて多く発注してしまったか、予算がなくてまだそういった最新の精度高いシステムの導入ができていないお店が多いのです。

半額のクリスマスケーキを狙うハンターさんにとっては厳しい環境となってきていますが、それでも値引きされたクリスマスケーキを入手する方法はあります!

値引きされたクリスマスケーキはどこで買える?

クリスマスケーキ 値引き 割引

割引されたクリスマスケーキを買うのに狙い目なのは主に次の3つの場所です。

  • 駅から少し離れたコンビニ
  • あまり大手ではないスーパー
  • 街頭販売

駅から少し離れたコンビニだと予想よりもお客さんが来なくてクリスマスケーキが売れ残る可能性が高くなります。

入荷量がそれなりにあり、かといって駅から少し離れているので売り切れないからです。

さらにコンビニの場合は24時間営業なので期待値も込めてちょっと多めに発注していることが多いです。

クリスマスに遅くまで仕事が入っているサラリーマンなどを狙っているのですね。

 

また、あまり大手ではないスーパーも狙い目です。

大型のスーパーや百貨店だとやはり大型のシステムを使って発注量をかなり正確に調整していますが、比較的郊外にある大手ではないスーパーであればまだ使っているシステムが何年か前のもので精度が高くない可能性があります。

よって本来よりも多めに発注していて売れ残ってしまったために安売りが始まることが多いです。

 

それから街頭販売。

池袋のサンシャイン交差点あたりにいくと、よく「クリスマスケーキ半額〜!」とかやっているのを見かけます。

人通りが多いのですぐ完売してしまうことが多いのですが、かなりの確率でクリスマスケーキが安売りされています。

 

逆に街のケーキ屋さんでは値引きをされる確率はかなり低いです。

こういったところはそもそも個人でやっていることが多いのでクリスマスケーキを作る数に限界があります。

それに仮に多く作って全く売れなかったとなれば、大手のチェーン店よりも財務力がないので瀕死になってしまいます。

よってだいたいの場合は予約販売を実施しているため安売りされることはほとんどありません。

クリスマスケーキの値引き・割引はいつから?

クリスマスケーキ 値引き 特売

上記で挙げた多くのお店でクリスマスケーキの値引きが始まるのは12月25日の18時〜あたりからです。

クリスマスは24日がイヴで25日がクリスマス当日、そして26日には終了して今度はお正月の準備が始まりますので25日の夜まではまだクリスマスケーキとしての役割を果たしていると言えます。

24日や25日の午前中だとまだクリスマスが終わるまでに時間があるので値引きは始まりません。

逆に26日になってしまうと賞味期限の関係でケーキは全て破棄してしまわなければならないので売っていません。

 

18時あたりから値引きが始まるのは、だいたい多くのお店でお客さんが引き始めるのは18時〜くらいからだからです。

19時になると夕飯を食べ始めたり、クリスマスパーティーが始まる家庭が多いのでそれくらいから売り始めてしまうと全然売れなくなってしまいます。

お店をしては仕入れた分のケーキは、たとえ売ることで赤字になってしまっても処分してしまうよりはマシなので売ってしまいたいのです。

もちろんこれはお店によって差があります。

クリスマスケーキをそこまで仕入れていなかったお店であれば、わざわざ安売りをして在庫を捌いてしまわなくてもいいですし、逆に発注を間違えて仕入れすぎてしまった場合はもっと早い時間帯から安売りが始まるでしょう。

 

よって一概に「この時間!」と決まっているわけではありませんが、スーパーなどの22時で閉店をするようなところでは特に2月25日の18時〜あたりから割引が始まることが多いです。

逆に24時間営業のコンビニであればもう少し遅めです。

18時の時点で多少在庫が残っていても、24時間営業なのでお店は開いているし、コンビニは道路に面していてお店の外で「ケーキ半額!」をポスターを貼れば人目につき在庫を処分しやすいからです。

値引きのクリスマスケーキを買う時の注意点

クリスマスケーキ 値引き 割引

またクリスマスケーキを値引きを狙う時に気をつけておきたいのが、去年の情報をあてにしないこと。

仮に去年多くのケーキが値引きされていたからといって今年もそうなるとは限りません。

去年仕入れすぎて多くのケーキを値引きしてしまったor在庫として余ってしまったお店は、その教訓をもとに今年は仕入れ数を控えめにしている可能性があります。

逆に去年、早々にケーキが売り切れてしまったお店は今回は多く仕入れている可能性が高いですね。

まとめ

ということで今回はクリスマスケーキの値引き・割引について記事にしてみました。

まとめると

  • 場所は「駅から少し離れたコンビニ」「郊外にあるあまり大手ではないスーパー」「街頭販売」
  • 時間は12月25日の18時〜あたり(コンビニはもう少し遅め)
  • 去年の情報をあてにしない

ということでした。

個人的に狙い目はコンビニだと思います。

スーパーだと売り切れるのが早いので仕事とかで遅くなるときついですし、コンビニならそこらへんにいっぱいあるので1つの店がダメだったら次のお店に行けばいいんじゃないかと。

クリスマスの夜に自転車かっ飛ばして半額ケーキ探しの旅にでるのも悪くないと思いますよ。笑

 

スポンサーリンク

最後までお読み頂きありがとうございます!

この記事を気に入っていただけたら、よかったらシェアして下さいね!


【シェアする】

unknown



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ