高畑淳子は芸能界引退or活動休止か?番組降板&事務所解雇の可能性

芸能界に衝撃をもたらした高畑裕太さんの逮捕事件

高畑裕太さんは現在放送中の複数のドラマに出演していて、今後バラエティー番組や映画の出演も決まっていました。

中でも大きかったのは今週放送される24時間テレビのチャリティーパーソンとして出演する予定だったこと。

事件を受けて24時間テレビのポスターは全て回収、スタッフも総力を上げて高畑裕太さんが映ってるVTRを編集していて、スポンサーである日産は今回の事件にカンカンのようです。

でも一番にショックを受けているのはお母様である高畑淳子さんのはずです。

高畑淳子さんと息子の高畑裕太さんはバラエティー番組なんかでもよく親子共演をしていて、とても仲の良さそうな親子という感じでした。

最近、高畑裕太さんのテレビ出演が増えたのも高畑淳子さんによる強烈なプッシュがあったからだそうです。

スポンサーリンク


高畑淳子は芸能界引退or活動休止か?

高畑淳子

出典:http://blog.esuteru.com/archives/20000987.html

高畑淳子さんは『3年B組金八先生』や『白い巨塔』にも出演していた大女優。

劇団青年座所属の女優であり、取締役でもあるなど業界ではかなりの権力を持っていました。

そんなお母様がいたということもあって高畑裕太さんも俳優としてデビューして順調にドラマなどへ出演。

朝ドラの「まれ」に出演して一躍有名になりましたね。

実はお母様である高畑淳子さんの猛烈なプッシュがこうした有名作への出演につながっていました。

まあもちろん高畑裕太さん本人の演技力も個人的にはかなり腕がいいと思いますが、やはりいきなり朝ドラに出演できるなんてそうそうないわけです。

今回の24時間テレビのチャリティーパーソナリティとしての出演も事務所が高畑淳子さんとのセットで強引な売り込みをしていたそうです。

それが現在はスタッフが総出で高畑裕太さん関連のものを差し替えを行っている始末。

当然高畑淳子さんも責任を取らされます。

実際高畑淳子さんは現在、花王、KINCHO、かどや製油、日本生命のCMに出演中ですが、そのほとんどがCM放送の中止しています。

こうなってくると高畑淳子さんの芸能界引退も考えられます。

高畑裕太の番組降板&事務所解雇の賠償額がやばい

高畑淳子

出典:ttp://idolidol.info/archives/109

調べてみると現在高畑裕太さんはこれだけの番組に出演中&出演予定。

・24時間テレビ&特番ドラマ
・日曜劇場「仰げば尊し」 
・フジテレビ「となりの新選組」  
・デスノート映画の続編 
・TBS「7時にあいましょう」 
・日本テレビ 「今夜くらべてみました」  
・日本テレビ 「1周回って知らない話」 

まさに最悪のタイミングを言うより他なりません。

今回の事件でこれら全部に対して違約金を払わなければいけません。

特に深刻なのが24時間テレビで日テレは高畑裕太さんの所属する石井光三オフィスを出禁にすると息巻いているようです。

これに加えて、高畑淳子さん自身が降板する番組やCMの違約金のことを考えると完全に億単位のお金がとびます。

ちなみにあのベッキーさんのCM降板に伴う違約金は4~5億円くらいだと言われています。

今後の高畑淳子と高畑裕太は?

スポンサーリンク

高畑裕太さんに関しては今後数十年は完全にテレビから姿を消すでしょう。

まあひょっとしたらお母様が芸能界で頑張り続けて、この前の極楽とんぼの山本みたいに復活するかもしれませんが。

高畑淳子さんに関しては劇団青年座の取締役も降りるかもしれません。

かなり莫大な資産を築いてきたと思いますが、今後は違約金への対処でかなり減ってしまうでしょう。

今回の場合は完全に不法行為にあたるので事務所が損失を被るのにも限界があるはずです。

高畑裕太さん、せっかくテレビにもたくさん出演してきていたのに本当に勿体無い…

お母さんが大女優だったこともあって幼い頃からかなり態度がでかかったようです。

舞台を見に行った時にピーターさんに向かって肩を叩きながら「ピーターよかったよ!」といったこともあるんだとか。

ピーターさんは悪い思いはしたものの、純粋さの裏返しとあまり気に留めていなかったそう。

でもこうなってくるとこんなエピソードがここぞとばかり関係者の口からでてきそうですね。

 

ということで今回は高畑淳子は芸能界引退or活動休止か?という内容の記事でした。

スポンサーリンク

最後までお読み頂きありがとうございます!

この記事を気に入っていただけたら、よかったらシェアして下さいね!


【シェアする】

unknown



コメントを残す

サブコンテンツ

Twitterアカウント

このページの先頭へ