ドラマや映画、舞台などで活躍中の小出恵介さん!

始めて『ごくせん』でかっこいい俳優さんだな〜と思って以来、『のだめカンタービレ』ではオカマの真澄ちゃん役にwww

なんの違和感もなかったところに小出恵介さんの役者としての腕前の高さを感じずにはいられませんでした。笑

そして実は小出恵介さん、なんと幼い頃からインドで育ってきて英語がすごい堪能!!

なんか言われてみると、インドではないですが東南アジア系の顔かも。

でも意外すぎますよね笑

今回はそんな小出恵介さんの英語力について取り上げてみました!

小出恵介の英語力がすごい!

小出恵介

出典:http://ticket-news.pia.jp/pia/news.do?newsCd=20150…

てことでまずはとにかく小出恵介さんの英語力をチェックしてみましょう!

あら、これは確かに堪能!

“Independently”

とかけっこうちゃんと英語やっていないと出てこないですよね。

発音は日本語のアクセントはかなり残っていますが、日本人の中では普通にキレイなほうです。

“invited here” “with these guys”のところとかいい発音です。

インドで英語を覚えたっていうのでけっこうインド訛りなのかな?と思ったんですが、特にそれらしい部分はありません。

やっぱりそこは日本人ですね。

小出恵介はインド育ちの帰国子女!父親の仕事で海外へ

小出恵介

出典:http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2015/…

さて前述の通り、小出恵介さんは幼い頃からインドで育ってきたためにこのように流暢な英語が喋れます。

どうやら小学校2年生〜5年生の3年間をインドのニューデリーで過ごしていたようですね。

お父さんの仕事の都合だったみたいですが、調べてみたところお父さんはなんとパナソニックの代表取締役副会長をされていたんだとか!

もし本当だったら、あの天下の松下の副会長さんてやばっ笑

インドはシリコンバレーの次くらいにITが盛んな場所ですから確かにありえるかも。

3年というのも海外赴任期間としてはリアルですね。

しかも、インドで生活していた際には専用の運転手さんがついていたりとかしたらしいです。

物価の安い地域に海外赴任になるとこういうことってけっこうあるらしいんですけど、小出恵介さんは日本の自宅にもコックさんとか門番さんいるみたい…

完全なスーパーリッチ!!

てかインドのニューデリーって夏は50度とか超えるところですよ!

小出恵介さんが色黒なのもそのせいかな。笑

ちなみに英語を見つける方法として小出恵介さんは

The important thing is jumping into the environment !!

(大事なのはその環境に飛び込むことだ!)

とおっしゃっています。

まさに自身のインドでの生活からくる教訓ですね。

きっとインドにいった時には言葉に苦労されたんでしょう。

小出恵介は慶応大学卒業

スポンサーリンク

小出恵介さんの学歴は

川崎市立宮前平中学校→慶應義塾高等学校→慶應義塾大学文学部人文社会学科美学美術史学専攻卒業

とまさにエリート街道まっしぐら。

高校受験で慶應入るって相当すごいです!

私の中学にも受けた人いましたが、まあ頭よかったですよ。

通知表リアルでオール5でしたから。

慶應義塾高等学校って偏差値75はありますから、まあ確かにそんな人しか入れないわな…

大学に進学後は当然普通に就職するつもりだったみたいですが、ちょうどその頃から「パッチギ」や「ごくせん」などに出演することが決まり、役者の道を志したようです。

我々が『ごくせん』で見ていた小出恵介さんはちょうど役者になろうか迷われていた時期だったんですね!

お家がリッチだし、学歴はあるし、多少失敗しても大丈夫な環境だったのでポンっと飛び込めたんでしょう。

インドでの生活でいろんな経験もしていると思うのでメンタルが強くなっていたこともあるかもしれませんね。

 

ということで今回は小出恵介さんの英語について記事にしてみました!

 

スポンサードリンク