鈴木亮平の英語力をホムカミ動画で検証!帰国子女で東京外語大学卒

『花子とアン』や『俺物語!!』などで活躍し、最近急激に知名度をあげたイケメン俳優の鈴木亮平さん!

役者としてもんのすごいストイックな性格をしていることで有名で

『天皇の料理番』では、主人公の兄で病弱な周太郎役を演じるため、体重を20kg減量

『俺物語!!』では、巨漢の主人公、剛田猛男役を演じるため、体重を30kg増量

「鈴木亮平 体重」で検索しても「いつの話?」となってしまうくらい体型の移り変わりが激しいwww

まさに違う意味でのカメレオン俳優ですね笑

そんな鈴木亮平さんは語学に関してもかなりストイック。

東京外国語大学を卒業されていて、英検1級持ちの海外経験も豊富です。

最近はディーンフジオカさんとは松田翔太さんとか英語が堪能な俳優さんが増えましたね〜

関連記事:松田翔太の英語力がすごい!海外育ちで元カノはスイス人【動画】

ということで今回はそんな鈴木亮平さんの英語力について記事にしていました!

スポンサーリンク


鈴木亮平の英語がすごい!ホムカミ動画で検証!

鈴木亮平

出典:http://www.cinematoday.jp/image/N0077532_l

鈴木亮平さんと言えば、『彼岸島』『花子とアン』『俺物語!!』『HK 変態仮面』『天皇の料理番』など次々と最近の話題作に出演していた方。

ちょっと照れ屋さんでどこか抜けた感じのするところが魅力的ですよね。

そんな鈴木亮平さんは英語が堪能で、英検一級を取得しており、アメリカへの留学経験も。

てことで早速鈴木亮平さんの英語力を見ていただきましょう!

こちらは映画『TOKYO TRIBE』 日本外国特派員協会会見です。

会見では今回の映画のディレクターである「そのさん」との思い出について語られています。

完全に日本人離れした英語力ですね。

通訳とか一切使っていないですし、発音やイントネーションもかなり英語圏の人のそれです。

さらにこちらはオシャレイズムで森泉さんとの会話

森泉さんは母親がイタリア系アメリカ人でハーフなので英語はもうペラペラですが、鈴木亮平さんもそれと比べて全く遜色ありません。

ホムカミの動画も探してみたんですが、残念ながら削除されているようでした。

ホムカミで鈴木亮平さんが圧倒的な英語力を魅せつけるやつがあったんですが…

まあでもこれだけを見ても鈴木亮平さんの英語力がずば抜けていることはよく分かるでしょう。

私も海外に住んでいたことがありますが、鈴木亮平さんのこの英語力については何もいうことがありません。

鈴木亮平は幼い頃から海外を飛び回った帰国子女

鈴木亮平

出典:http://blog.livedoor.jp/ninji/archives/30927170.ht…

こんだけ英語が喋れるってことは当然鈴木亮平さんは帰国子女です。

小学校2年生の時に初めてアメリカ・ロサンゼルスで海外を訪れて以来、

中学2年生でオーストラリア、中学3年生でアメリカ・スポケーン、高校1年生の時は1年間交換留学生としてアメリカ・オクラホマ州に行っています。

さらに大学は東京外語大学でも最もレベルが高いとされる外国語学部欧米第一課程英語専攻を卒業。

実用英語技能検定1級と世界遺産検定1級を所有しています。

しかも英語の他にも高校生時代には、全国高校生ドイツ語スピーチコンテストで優勝。

意味わかんねww

欲張り過ぎです笑

鈴木亮平の英語の勉強方法は?

スポンサーリンク

鈴木亮平さんは一体どんな勉強をしてこんなにもすごい英語力を身につけたのか。

そりゃあ海外に住んでたからっしょ!と言いたくなりますが笑、

鈴木亮平さん曰く、勉強はとにかく関連づけて覚えることらしいです。

こちらは難関である世界遺産検定1級を取得した時の話。

世界中にある遺産の「横のつながり」が鍵であることに気づいたんです。そこで「キリスト教の巡礼地」とか「文化的景観」と言う具合に自分でテーマを決めて、関連する遺産ごとにノートにまとめました。
また世界地図を描いて遺産をマークし、位置関係から関連性を把握したりもしました。試験当日もまずは世界地図を描くことからはじめました。

なるほど、確かにこうして周りとの関係性の中で覚えれば、ある一つのことを覚えるだけでそこから関連して芋づる式に知識が出てきますね。

英単語も類義語や反意語、またスペルが似ているものはまとめて覚えてしまったほうが効率がいいです。

 

ということで今回は鈴木亮平さんの英語について動画で検証してみました。

スポンサーリンク

最後までお読み頂きありがとうございます!

この記事を気に入っていただけたら、よかったらシェアして下さいね!


【シェアする】

unknown



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ