橋本マナミの写真集『接写』!カメラマンは誰?過激画像多数!

橋本マナミの写真集『接写』!カメラマンは誰?

グラビアアイドルで女優としても活躍、そのあまりに妖艶な雰囲気やサービス精神旺盛な性格から「第2の壇蜜」と呼ばれています。

そして橋本マナミさんといえば先日あまりにも過激する内容の写真集を発売したことで話題になりました。

今回の写真集は「恋人にしか見せない距離まで接近して撮った」というのがコンセプト。

自身でも発売に即してのインタビューで『史上最高の最高傑作!ポ◯リもある修正なしのムチ快感でもだえるシーンの画像満載!」とアピールしています。

写真の一部はこちらから。

そんな過激な写真満載の写真集ですが、なんと撮影を担当したのは男の人。しかも当初は女の人だったらしく、橋本マナミさんの要望で男の人の変更してもらったそうです。

いったいカメラマンはどんな方なんでしょうか?

スポンサーリンク


カメラマンは笠井 爾示(かさいちかし)

橋本マナミ

写真集の撮影担当に書いてある名前は笠井 爾示(かさいちかし)さん。

1970年東京生まれで、80年から8年間ドイツで学び、95年に多摩美術大学を卒業。

写真家としての活動はストックホルムとニューヨークにて個展を開いたり、真木よう子さんや竹井玲奈さんなどの女優やタレント、ミュージシャンのポートレート撮影も手掛けていらっしゃいます。

海外でも活躍されているカメラマンだったんですね。しかもニューヨークで個展を開いていると。

映画監督の紀里谷和明さんがいっていたんですが、ニューヨークでは写真家として生計をたてて生きていくのは絶望的に難しいことみたいです。

雑誌のたった1ページをノーギャラで取り合っているらしく、収入が入ってこないために中には車を盗んでそれをフィルム代にあてるなんてこともあるそうです。

そんなニューヨークで個展を開くなんてとても実力のあるカメラマンなんですね。

『接写』の撮影

橋本マナミ

冒頭でも述べましたが、『接写』の撮影にあたっては当初はあまりにも過激なショットが撮られるということで橋本マナミさんのことを配慮し、女性の方が撮影を担当する予定でした。

しかし、橋本マナミさん本人の希望から男性カメラマンに変更に。理由は“男性の方が気分が乗る”から。

もうどんだけですか。笑

しかも撮影に関しては橋本さん本人の意気込みが強く、「あれをやりたい」「これを見せたい」と、打ち合わせから撮影までどんどんエスカレート。

結果、撮影場所のひとつはなんと彼女の自宅に

他のスタッフなどは一切受けつけず、橋本マナミさんと笠井 爾示さんの二人だけで長時間に及ぶ撮影が行われたそうです。

橋本マナミさんと彼女の部屋でふたりきりになって理性が飛ばない自信がありません笑

笠井 爾示さん羨ましすぎます。

笠井 爾示(かさいちかし)のInstagramも公開中

スポンサーリンク

そんな笠井 爾示さん、やはりカメラマンということでInstagramにはとても美しくて雰囲気のある写真がたくさんあります。

インスタのアカウントはこちら。

被写体は女性の方が多いみたいですね。

インスタの写真も過激ぎみなのがちらほら。笑

 

というわけで今回は橋本マナミさんと笠井 爾示さんについての記事でした。

このペアが組むとほんとに危険ですね。笑

是非次の橋本マナミさんの写真集も笠井 爾示さんに撮影を担当してもらいたいです。

スポンサーリンク

最後までお読み頂きありがとうございます!

この記事を気に入っていただけたら、よかったらシェアして下さいね!


【シェアする】

unknown



コメントを残す

サブコンテンツ

Twitterアカウント

このページの先頭へ