夏風邪の治し方で即効性のあるのは?鼻水・喉・下痢に効く食べ物

夏場になるとついついクーラーの効いた部屋にいすぎたり、扇風機にずっとあたっていたり、水風呂に入ったりなんかして風邪をひいてしまうことも多いですよね。

いわゆる夏風邪ってやつですが、夏風邪はとにかく治りにくいのが特徴。

夏はレジャーなどのイベントが盛りだくさんなのに風邪をひいてしまっては元も子もない。

せっかくの夏なんだから速攻で風邪なんか治して遊びにいきたい!という方のために今回はそんな夏風邪をできるだけ早く直す方法について調べてみました。

スポンサーリンク

夏風邪はなぜ長引くの?

夏風邪

そもそも夏風邪が長引くと言われる理由はなんなんでしょうか?

理由としてあげられるのがウィルス

夏場は「アデノウイルス」「エンテロウイルス」「コクサッキーウイルス」といった温度が高くて湿度が高い環境で生きることができるウイルスがいて、このウィルスに対抗するためには体の中に抗体ができるまで待つしかなく、だからこそ夏風邪は治るのに時間がかかります。

また室内と室外との気温差・温度差も理由に挙げられます。

夏場は外はテカテカ、部屋の中はクーラーでキンキンという状態が多いと思いますが、この状態だと自律神経が乱れ、免疫力の低下につながります。

夏風邪を即効で治すには?効果的な食べ物など紹介

夏風邪

では夏風邪をなるべく早く治すにはどうしたらいいのでしょうか?

下痢の症状

夏風邪を引くとよく下痢が止まらなくなるのは、腸の中で例のウィルスが繁殖をしているからです。

またそれと合わせて発熱とのどの痛み、激しい咳も出るのが特徴ですね。

この場合、腸が頑張ってお腹の中にたまったウィルスを出そうとしているので市販の下痢止めなどを飲むのは得策ではありません。

辛いとは思いますが、なるべくウィルスを全部外に出してしまいましょう。

菌が体内にあるうちは夏風邪はなかなか治りません。

下痢をすると体内の水分をかなり持っていかれるので脱水症状を起こさないために水分補給をこまめにとることが重要です。

その際はお腹を冷やすのもよくないので、冷たい飲み物は避けてポカリスエットなどの飲料を少し温めて飲むのが良いでしょう。

また体を冷やす効果のあるトマトなどの食材は避けたほうがいいですね。

喉の痛みの症状

風邪を引くと喉も痛くなりますね。

これはウィルスによって炎症が起きている喉に、呼吸をした際に乾燥した空気があたって喉の粘膜が乾いてしまうことが原因です。

なので喉が痛い時はとにかく喉を湿らすこと、水分補給をしっかりと行って喉を湿らせておきましょう。

マスクを常につけておくと喉が湿っている状態をキープできます。

また喉に良い食べ物や飲み物を摂取すると治りが早いです

・しょうが

・はちみつ

・大根

大根を細かく切ってそこにはちみつと投入してしばらく置いておくと、大根から汁がでてきてはちみつと混ざるのでそれを飲むと効果的です。

・だいこんはちみつ

だいこんはちみつ

またしょうがを細かく刻んで水に溶かし、温めたものにはちみつを入れるのもいいですね。

・しょうが汁

しょうが汁

鼻水の症状

それから最後に鼻水。

実は風邪を引くと鼻水がでるのも原理は下痢と一緒で体の中のウィルスを体内にだそうとしているから。

なのでこちらも市販の薬でとめないほうが良いです。

あんまり強くかみすぎると鼻血が出てしまいますので、そうならない程度にかみましょう。

鼻づまりを解消する方法としてはねぎが効果的です。

よく風邪をひいた時はねぎを首に巻いて寝るなんて言われていますが、ネギの独特の匂いのもとである「アリシン」という物質には強力な殺菌効果があり、摂取することによって、のどや口の中の風邪ウィルスの繁殖を抑えることができます。

そこでちょっと恥ずかしいですが、鼻づまりが激しい時はねぎを鼻に穴に突っ込んでみるとかなり治ります。

まあ完全に人には見られたくない姿ですが。笑

ちょっとツンときますが、効果は絶大。

ネギの殺菌効果で鼻づまりはが簡単に治ります。

まとめ

スポンサーリンク

いかがでしたでしょうか?

とにかく夏風邪に限らず風邪を治すには、十分に睡眠をとり安静にすること、体を冷やさないようにすることが大事です。

それを守った上で上記のような方法を試して見てください。

Sponsored Link

最後までお読み頂きありがとうございます!

この記事を気に入っていただけたら、シェアにご協力よろしくおねがいします!





コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ