好きな人がいることCMの洋楽曲はKristen Proffitの”Shine”

いよいよ2016年7月から第2クールの月9ドラマ『好きな人がいること』が始まりますね!

しかも今回は女性の方々にとってはまさに願ってもいないキャスティングなのではないでしょうか。

なんていったって、桐谷美玲さんを囲む三人のイケメンは三浦翔平さん、山崎賢人さん、野村周平さんとまさにIkemen of the Ikemen

こんな豪華なキャスティングして視聴率低迷中のフジテレビ予算大丈夫か?と心配になってしまいます笑

好きな人がいることの公式Youtubeチャンネルでは早速予告映像なんかが流れていますね!

今回はこの予告映像に流れている洋楽について記事にしてみました!

スポンサーリンク


好きな人がいること(スキコト)の予告CM解禁!

好きな人がいること CM

『好きな人がいること』は海辺のレストランを舞台に、ケーキ作りに人生を捧げてきたパティシエのヒロインがイケメン三兄弟とシェアハウスしながら恋愛模様を繰り広げるロマンチック・ラブ・コメディー。

イケメン3人組は山崎賢人さん、野村周平さん、三浦翔平さん、パティシエのヒロインは桐谷美玲さんとまさに今をときめく俳優・女優の皆様方。

今回は夏ドラマということで夏らしさ漂う海辺のレストランが舞台ですか〜輝く青春の一時ですね笑

そして早速ドラマの予告CMが解禁となりました!

それがこちら。

通常版とWEB限定版の2つがあります。

桐谷美玲さんが三人のイケメンに囲まれてドキドキな様子が可愛いですね〜

好きな人がいること(スキコト)のCMの洋楽曲はKristen Proffitの”Shine”

好きな人がいること CM 洋楽

このCMの中で使われている曲、とても素敵な曲ですよね。

まさにCMの中みたいな朝の日差しが差し込んでくるようなシーンにぴったりの曲です。

ということでこの洋楽いったい誰のなんていう曲なんだろう?と思って調べてみました!

調べてみたところ、Kristen Proffitという方の”Shine“という曲のようです。

Kristen Proffit Shine

Kristen Proffitさんはアメリカのシンガーソングライターでこの”Shine”という曲は2015年7月に発売した”Hot Ladies of Rock“というアルバムの3曲目に収録されています。

このアルバムではKristen Proffitさんを含む三人のアーティストの方が参加しており、Kristen Proffitさんの名義でのリリースではないためKristen Proffitさんの公式ページのディスコグラフィーにも載っていませんでした。

アマゾンでアルバムが売っていました↓

Hot Ladies of Rock

歌詞を聞いて見る限りだとやはり今回のドラマに合わせてラブソングみたいですね。

“Change is coming over me”(私に変化が訪れている)

“This is my time”(ここは私の時間)

など恋をして生活にどんどん彩りが溢れてきて

“Im gonna shine all over you”(あなたに夢中になって私は輝く)

といった恋愛初期の女の子の可愛らしい恋心を歌っているようです。

Shineを歌うKristen Proffitって?

スポンサーリンク

この曲、個人的にとても気に入ったのでKristen Proffitさんて一体どんな人なんだろと思っていろいろ調べてみました。

しかし調べてはみたものの公式ページにも全然情報がないんですよね〜

一応アメリカの西海岸出身のかたみたいです。

これまでにリリースしたアルバムは

Lucky Girl(2006年)
Something So Strong(2008年)
My Devotion(2012年)
Road Trip(2013年)

の4つ。

それとあと先ほど紹介した”Hot Ladies of Rock“に何曲かが収録されています。

けっこうマイナーな方のようですね。

ちなみにFacebookのアカウントでは弾き語りしている動画もありましたよ↓

kirsten proffit

プロフィールには アコースティック・ギター、マンドリン、ベース、バンジョー、フィドルなどが使用楽器に書かれていてかなりたくさんの弦楽器を弾けるみたいです。

 

ということで今回は好きな人がいることのCMのの洋楽について記事にしてみました!

 

スポンサーリンク

最後までお読み頂きありがとうございます!

この記事を気に入っていただけたら、よかったらシェアして下さいね!


【シェアする】

unknown



コメントを残す

サブコンテンツ

Twitterアカウント

このページの先頭へ