東大卒の超高学歴ミュージシャンとして有名なグローバー義和さん。

2016年1月26日(火)放送の『踊る!さんま御殿!!』に堀江貴文さんや菊川怜さんらとともに出演されます!

東大出身で超頭が良くてさらには音楽といった芸術の才能まであるなんてほんとすごいですよね。

しかも最近はそれだけでなく『Qさま』や『世界ふしぎ発見』などのバラエティー番組にまで手を伸ばしているから驚きです。

そんなトークのセンスまであるグローバー義和さんのことについて記事にしてみました。

グローバー義和は東大卒の超高学歴ミュージシャン

グローバー義和

グローバー義和さんのプロフィール

生年月日  1978年6月4日生まれ(37歳)

出身    神奈川県横浜市

大学    東京大学

高校    桐蔭学園高等学校

グローバー義和さんは現在「SKA SKA CLUB」というスカバンドでボーカルとして活躍中。

スカバンドといって思いつくのはやはりみなさん東京スカイパラダイスオーケストラ、通称スカパラですよね。

エレキギター、エレキベース、ドラム、キーボードとロックバンドにはお馴染みの楽器に加えて、トロンボーン、トランペット、サックスといった吹奏楽器も使うのが特徴です。

グローバー義和さんは東京大学在学中の1997年に「SKA SKA CLUB」を結成。その後音楽活動に専念するためにグローバー義和さんは東大を中退します。

しかし、その後はメンバーの就職活動などの個々の理由から2004年にバンドは休止。グローバー義和さは「SKA SKA CLUB」と平行して他のバンドにも所属していたので、どちらをメインに活動することに。

そして2012年2月にはバンドが再結成し、グローバー義和さんは同じ年の4月から東大に復学。

2014年3月に現代美術史学科を卒業されました!

東大を卒業したのはグローバー義和さんがもう35歳の時。

日本だと大学って20歳とかの若い人だけがいくって感じですから、グローバー義和さんはその中で自分だけ周りより一回り年が上って状況だったはずです。

再結成を果たしたSKA SKA CLUBの楽曲はこちら。

全詞英語の曲です。

「SKA SKA CLUB」“Best day of my life”

SKA SKA CLUB "Best day of my life"

グローバー義和の父はインド人、母は日本人でハーフ

グローバー義和

彫りが深くて日本人離れした顔立ちのグローバー義和さんですが、それもそのはずなんと父親がインド人のハーフなんです!

それなら肌の色の黒さも納得ですね。

インドと言えば数学が非常に発達していることが有名ですね。

シリコンバレーに匹敵するくらい凄腕のプログラマーとかもたくさんいると聞きますし、九九の掛け算は20×20まで暗記するそう。

しかもインドは公用語が英語

グローバー義和さんも英語で作詞をしたりと英語が得意なわけです。

ひょっとしたらヒンドゥー語とかそこらへんも喋れるんでしょうか?

インドって一つの国の中に何十という方言があって、しかもちょっと地理が離れるとお互いが何を言っているのか何もわからないんだとか。

インドの人たちは他の方言を覚えるだけでもそこそこ努力が必要なので、一つの国家にいながらほとんどの人がマルチリンガルとみなされているんです。

だから意思の疎通がしやすいように英語を公用語に定めているんですね。

ひょっとしたらグローバーさんも日本語と英語の他にインドの方言もいくつか喋れるのかもしれません。

こりゃ頭がいいわけだ。笑

グローバー義和の嫁は岩田知佳

スポンサーリンク

実はグローバー義和さんは2011年にサロン経営者でDJもやっている岩田知佳さんという方とご結婚されています。

しかもお二人には娘さんもいて今は2歳。

こちら岩田知佳さん。

岩田知佳

残念ながら娘さんの写真は公表されていないみたいですが、名前は日本語でも英語でも通じるような国際的な名前なんだとか。

となると「リサ」「アンナ」とかそこらへんですかね?

 

ということで今回はグローバー義和さんの父親がインド人でハーフだということや東大卒ということにつちえ書いてみました。

スポンサードリンク